おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

千郎秘帖 

宝永六年(1709年)、風こそ強いが空一面を埋めつくした黒雲は重く垂れこめ動く気配もない日のことであった。
見るからに頑健そうな僧が市ヶ谷八幡宮の胸をつくような石段を苦もなくのぼりきり、境内を見渡したものである。
広い境内には茶屋や芝居小屋などが軒を連ね、聞きしに勝る大層なにぎわいぶりである。
今にも降りだしそうな天気だというのに、行き交う善男善女の数は多く、その顔はどれも楽しげであった。

  千郎(せんろう)殿は在宅であろうか。

京の都から千郎に会うためにやって来たにもかかわらず、照円の気はすすまない。
だがまさか会わずに帰るわけにもいくまい。滝石千郎の語る話を余さず書きとめ持ち帰るべし、という帝の秘命には
千金の重みがあり、今も照円をがんじがらめにしているのだ。
延長八年(930年)の清涼殿落雷の直後に、御所を出奔してからの千郎の見聞は、折々に時の帝から任命を受けた
者が彼の住む地におもむき、その話を余さず聞き取ったうえで記録する。
記録は帝が上覧されたうえで厳重に保管され、秘帖として代々の帝へ人知れず受け継がれているのだ。
  
先帝の命で若い照円が初めて千郎に会ったのは、きょうと同じ江戸は市ヶ谷八幡宮の境内であった。
その当時照円から見た千郎は自分と同じ年頃に思えた。が、それから三十余年が過ぎている。
五十の坂を超えた今の照円に、輝くようだった青年僧の面影は当然の事ながら無い。

大日堂の西側にある茶店の裏手の、八幡宮の許可を得て建てられたという小さな庵に千郎は居た。
しかし、もはや老僧といってもいい照円に比べ、千郎は美貌の青年のままではないか。

 『帝の御冗談を真にうけ、若狭の国より献上の『人魚の肉』を食したのが拙者の地獄の始まりでした。
  食してすぐに清涼殿に落雷したのは決して道真公の怨念のなせるわざにあらず。人魚の肉を食べた
  拙者へ天の神々が怒られた現れ、帝の御寵愛に奢った拙者への罰の始まりであったのに違いありません。
  御所の警護侍であった拙者が御寵愛の身となり、果ては不老不死。目にするのは人の生死の繰り返しのみ 。
  不死の身は突こうが裂こうが病にかかろうが、また元の顔元の体。長い年月に知り人も絶えてしまい申した。
  照円殿もこのような男を見るのは気が重うござろうが ...... 仕方もない。では始めてよろしいか?』

語り始めた時、微かな翳りが千郎の美しい顔を一瞬走り抜けたようである。
だが、照円はそれに気づかぬまま、三十余年の空白を埋めるべく筆を走らせ始めていた。

                         日誌
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
-- 続きを読む --
thread: ショート・ストーリー | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

おせん殺し 


きょうの客は妙なお人だ。釣り舟の船頭甲吉は舟の真ん中で釣り糸を垂れている男を眺めなおした。
朝早く釣り舟を出させたその男は堅気の仕事をしているようには見えず、釣り好きのようでもなかった。
ぼんやりするばかりで魚が糸を引いても気づかないふうだし、稀に釣り上げても嬉しそうではない。
そんなこんなで舟の上で半日は経ったのだが、秋の日差しは暖かく海は凪いでいる。
それに甲吉にとってはこれが商売。どんな客でも客は客、金になるのである。
ま、暇つぶしとはいえ釣り上げた魚の名前くらいは知ってて損はねえ。そう思った甲吉は男に

   「旦那、そいつ、そうそうソレソレ。そいつオセンゴロシって言うんでさ」

言うと、その男幇間の参八は別人かと思うほど相好を崩し、驚くほどの大声でガハハと笑った。

宴席で、招待した者された者の間を取り持つのが幇間(ほうかん:太鼓持ち)の役どころ。
軽口たたいておべっか使って御酒まで頂く気楽な稼業と思ったらこれが大間違い!
客同士だとか客と芸者の間などの雰囲気が途切れた時に場を盛り上げるために繋いでいくのが仕事。
その気配りやら何やらを客に悟られずにやらなきゃならないわけで、ただのお調子者にはつとまらない。
利口を見せれば座はしらける、幇間というのは芸もありバカを装った上に機転もきく利口者なのである。

偽装に疲れると参八は仲良し(?)のおせんの家に遊びに行ったりするのだが、今回は釣りだったのである。

   紀州のおせんって人が食べた時に喉にその魚の骨が刺さって死んじまったんですと。
   で、それから紀州の方じゃその魚を『オセンゴロシ』って言うようになったと聞いとります。

客の男が笑ったので気を良くした甲吉は喋り続け、参八は笑い続けている。
                 スズメダイ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

できそこない 


同じ長屋に住んでいる飛脚の双助が、田舎土産ですがと『うどん粉』を持ってきました。
うどん粉、時代が下ればメリケン粉、もっと下ると小麦粉とかいうアレでございます。
双助は栗橋村の出で、村は日光街道は江戸・日本橋から数えて7番目の宿場近くと聞きました。
ま、それはともかく、長屋住まいにはうどん粉なぞ縁のない代物ですから、アタシも困りはてました。
するとそこに飛び込んできたのが亀吉と留助の駕篭かき二人組。で、決まりました。うどん粉の使い道。
なにしろ釣り好きな二人が持ち込んだのが、釣ったばかりの立派な太刀魚四匹だったからです。
刺身にすれば旨かろうが、腕は無し!のアタシでも魚を三枚におろすくらいはできるんですヨ。ホント。

身は三等分か四等分くらいにぶつ切りしたら、おろしやすいでしょうねぇ。
醤油に、にんにく一片としょうが一片すりおろしたのを入れ、おろして大きめ短冊に切った魚を入れる。
入れた魚に醤油だれを軽く揉みこみ、しばらく置いたのちに『うどん粉』をまぶして揚げるわけです。
つまりは、白身魚の唐揚げとでも申しましょうか。

図々しくも、いつのまにかちゃっかり上がりこんで漬け物で酒を飲んでいた亀吉留助のふたりが、口々に

   「匂いは旨そうだけど ・・・ 」 「 見た目は天ぷらのできそこないのような .... 」

などと言ってたくせして、いざとなると夢中で箸を動かし、好きな酒を飲むのも忘れた様子。
しまいには天日干ししていた中骨部分まで揚げる羽目になったのですから かないません。
もちろん揚るとすぐに双助と波池の旦那には届けましたし、アタシの分は隠してあります。でもねえ ....
干した中骨を揚げて塩をパラリと振れば、おいしい骨せんべいになったのですから残念なことをしました。
                 太刀魚
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit