おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

あけまして 

   
     元日や鶴の声する車井戸  

     parrotbar.gif
               

      一句1  
  車井戸というのは井戸の真上に滑車がついております。

  この滑車というもの、水の入った釣瓶(つるべ)を上げる時に、その重さゆえにきしみますので

  キリキリなどと音をたてるわけでございます。

  ところがその音にもそれぞれに特徴がありまして夜中など静かなものですから、これは誰が家の

  車井戸と近隣の者にはすぐ分るもので今回の鶴の鳴き声っぽいのは表店の鶴田屋に違いありません。

  きょうはそれがなんと明け六ツの鐘の音より前に聞こえたのですから随分な早起きでございます。

  あの家は元旦になると庭にある亀石の甲羅に若水をかけるのを毎年やっております。

  縁起かつぎというものですネ。

  ま、おかげで早起きできたし、このまま初日の出を拝みに出かけちゃおうかなと思ってます。

    その足で初詣行って

    あとは帰って家で一人ゆっくり御酒を頂いて .... と。

    ア! 待てよ ・・・ 騒々しい奴らが押しかけてくるかもしれない......  ぶるぶるッ

             つるかめつるかめ ・・・・・・

                            
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ 
          みなさま あけましておめでとうございます
          なにとぞ本年もよろしくお願いいたします

             ところで


       初日の出

             江戸の初日の出なんどは どでごんす



thread: 俳句 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

あけましておめでとうございます

こちらこそ、本年も宜しくお願いします。
「騒々しい奴ら」の皆様にも宜しくお伝えください。

こちらで初日の出を拝まさせていただきました(笑)。

千鳥道行 #EBUSheBA | URL | 2013/01/02 20:28 * edit *

ありがとうございます。

こちらで初日の出を拝んで頂け、嬉しい限り。
いつかアタシの『初日の出』画、アップしてみたいものですが .......
マウス描きは難しゅうござんす ホント。
それはともかく 本年もよろしくお願いいたします

おせん #- | URL | 2013/01/04 17:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。