おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

惚れてたのか 

.
瓦職人の笹三は一日の仕事を終えると仕事場近くにある「うま屋」で酒を飲む。
この十五年というもの酒は仕事終わりに一杯だけというのを固く守りぬいてきた笹三だった。
また、悪酔いしたり付け払いするなど無かったので扱いやすい客だったのである。
ところが、この日の笹三は違っていた.....

店に入るなり、たて続けに三杯あおったのを皮切りに後はもうとどまる所を知らない勢いなのだ。
いつもと違う笹三に気付いた常連客や「うま屋」の親爺の気遣わしげな視線を知ってか知らずか…
笹三、ぽたりと涙を落としたのを皮切りに大泣きに泣き始めたものだ。
五十男の大泣きに、顔と顔を見かわす客と客。顎もはずれよと言わんばかりに口あんぐりの店の親爺。
しばらくして気を取り直した親爺の二平が柄にもない優しげな声で笹三に訳を尋ねると

「お勝さんが死んじまったんだよう。おりゃ もう駄目だあ」

お勝は近所の蕎麦屋の後家で、ひとり息子に嫁を取り店を継がせたしっかり者 である。
しっかり者すぎて、びしびし言いすぎるくらいのお勝を近所の人たちは陰で「鬼婆」と言うほどだったが
若い頃は「さぞかし」と思わせるような顔だちをしていたのは事実である。

惚れていたのかぁ それにしては笹三はお勝さんよりも十ほどは年下のはずだが…
なかば納得し、なかば割りきれない思いの二平の耳に

「お手本が死んじまっちゃ もう鬼瓦は作れねえ。。。」

酔いつぶれた笹三の繰り言は届かなかったようである。
鬼瓦

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
thread: ショートショート | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

しみじみとした庶民の哀歓を、今回も・・・
>「お手本が死んじまっちゃ もう鬼瓦は作れねえ。。。」
な!な!な!
こういう落ちだったのか(笑)。
見事な肩透かし。落語になりそう。

笹三は照れ隠しに言ったのかもしれない。

千鳥道行 #EBUSheBA | URL | 2013/04/27 19:46 * edit *

照れ隠し

しみじみとした庶民の哀歓が、こういう落ちだったのか……
そう、まさに読む人への肩透かしをたくらんだアタシでしたが、

「笹三は照れ隠しに言ったのかもしれない」

そこまでは思いつきませんでした。
……… うーん 奥が深い。。。ためになります

おせん #- | URL | 2013/04/28 14:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。