おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

いろはの い 

. 
さのちゃん 折鶴つくらないの?
そんな 友達の呼びかけに、さのは「うん、今度ね」にっこり笑うと、師匠に挨拶をして手習い所を出た。
親もとから通っている子達と違ってアタシには仕事があるもの……

さのが小間物商の藤澤屋に女中奉公にあがったのは九つの時だった。
その頃まだ健在だった藤澤屋の喜兵衛夫婦は「読み書き算盤くらいは」と、さのを手習いに通わせてくれたのだ。
これは決してさのだけに温情をかけたわけではなく、他の小僧たちにも同じく手習いへ通わせている。
奉公人への、これは藤澤屋のいわば家風というか、主人喜兵衛の信念のようなものだったに違いない。

だが、藤澤屋は一人娘のやそを手習いに出さなかった。それはものごころつく前に熱病が原因で手足が不自由に
なった娘を人前に出すのをためらう気持ちがあったのと当の本人が外出を嫌がったし病弱でもあったという理由
もあったのである。
それに、やそが五つの時に母親のテル、つまり喜兵衛の妻が風邪をこじらせて死んだのが大きかった。
商いに励む喜兵衛にとって娘の養育係を雇うのが精一杯で、手習いまで気が回らなかったのである。
そしてその養育係として雇われた女中も、その点については無頓着だった。

字を知らないまま二十になったやそだが このままじゃいけない。と、女中のさのは思っている。
さのにとって、文字を読めて書けるようになる過程は楽しかったし、輝くような思い出だったからである。
それに…アタシが死んだら、読み書きも出来ないお嬢様がこの先困るのは目に見えている。

つぶれた藤澤屋にひとり居残った さのは、主家の娘に自ら「いろはのい」から手ほどきしようと考えている。

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ              
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

宝引きの辰シリーズ

 おせんさん、その後いかがですか。
 最近、泡坂妻夫の「宝引きの辰 捕者帳」シリーズというのを発見して、はまっています。
 おせんさんのこと、御存知の事と思いますが、これがなかなか私の性に合っていて面白いです。
 このシリーズ、短編集で短い点が気に入っているのですが、内容も理詰めの推理物あり、落語的オチ?ありで、バラエティに富んでいます。
 未読でしたら、お暇な時にいかがですか。

 (そういえば、捕者帳に警察犬(捕方犬?)が出てきてもおかしくない気がします。利口なタロちゃんなら務まるんじゃないでしょうか。)

千鳥道行 #EBUSheBA | URL | 2013/05/30 20:03 * edit *

Re: 宝引きの辰シリーズ

泡坂妻夫も未知、「宝引きの辰 捕者帳」シリーズも、もちろん未読。
千鳥の旦那がはまってらっしゃるとは何とも嬉しい耳より情報。
アタシ、読みます。

捕方犬、これは素晴らしいアイデアです。
まだ世間の小説にはなさそうなところが凄いですよ。

ところで余談ですけどアタシャ南條範夫と南原幹雄の区別がつかんとです。。。。。
それぞれの小説も所有し、再読もしてるというのに読んでる途中でいったいどっちの作家だったか
区別がつかんとです つかんとです。。。。。(ヒロシ調で...)

おせん #- | URL | 2013/06/01 22:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。