おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

唐茄子対唐辛子 

大工の虎三がももひき長屋に帰ったのが暮れ六つの鐘がボヲンボヲンと聞こえてまもなくの頃。
女房のお熊が晩めしに出したのが山盛りの唐茄子(カボチャ)の煮物だけだったので

   「オイオイ、惣菜やで買った見切り品の唐茄子煮が晩めしかい。こんなのが食えるか!
     安けりゃいいって言う伝でいくと、さしずめ明日はオレの嫌いなイワシにする気だな」

   「ハァ? なんでイワシなのサ」

   「きょうは銚子でイワシが大漁、安くなるに決まってるからじゃねえか バカ」

なんで行ってもない銚子の漁が分かるのかね? 首をかしげたお熊に、虎三は股ぐらをボリボリ掻きつつ
きんたまがかいけりゃ てうしでイワシがうんととれ、ってえのを知らねえのか!この唐茄子ババアめ!

温気になると、イワシも大漁、股ぐらも痒くなる…… 虎三に唐茄子呼ばわりされた上にくだらない説を聞かされ
ヘヘンと鼻先で笑ったお熊、

「なんと賢いきんたまじゃないか。その真上の唐辛子は役立たずだけどネ」

ついつい言ってはならない事を口走ってしまい

   「なにお てめえ言葉が過ぎると 叩っ殺してやるぞ!」

   「ヲヲ、殺さば殺せ。てめえなんか幽霊になってとり殺してやるゾ」

睨みあったお熊虎三、慣れたもので、既に立ち上がってジリ、ジリ、と間合いを詰め始めている .......
               犬
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ                 
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。