おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

夏座敷 

.
平田屋の別荘は日本橋の大店や材木問屋などの別荘が多くあつまる深川の木場にある。
ところが、この平田屋の主人というのが大変な普請道楽で別荘に大工の出入りが絶えないらしい。
新しい趣向を思いつくとそれを実現せずにはいられず、改築改装も日常茶飯事となっているのだ。

さて、その平田屋が「この夏は何か涼しい座敷を作ってみたい」と思いついた。
それで考えに考えた結果が居間の天井をギヤマン(ガラス)張りにして金魚を泳がすことだったのである。
すぐさま出入りの大工が呼ばれ、ギヤマンの職人も駆けつけての大工事となった。

工事が終わるやいなや天井に水を汲み入れさせ、居間に寝ころんでそれを見上げる平田屋と幇間の参八。
参八は、ギヤマン天井のお披露目の際、より効果的に人々をアッと言わせるための趣向を考える参謀役と
して密かに呼ばれていたのである。

縁先まで入った夏の陽光が天井のギヤマンに反射してキラキラ光るさまは思った通り美しかった。
そして水が張られるといかにも涼しげで、二人とも気のせいか汗もスッとひいたような気がした。
次いで、いよいよ黒、赤、大小さまざま珍種貴種の高価な金魚が一斉に放たれた。
金魚は思いのまま泳ぎ、水は次々と波紋を描いてゆく。
ギヤマンに反射している陽光のきらめきも、その波紋につられ一層複雑となってきらめく。
寝ころんだ二人は光と波紋の綾なす美しさに見入って言葉もない......

二人は半刻(いちじかん)ほどそうしていたのだが、のろのろと起きあがると、なぜかげっそりとした顔で

「参八や.... 駄目だのう」

「ハイ、赤や黒の金魚が山ほどいるのにここから見えるのは白い腹ばかりでやんす」

そうだのう、と言いつつ力なく天井を見上げた平田屋がアッと叫んで「ふんじゃ ふんじゃ」とモゴモゴ。
ふらりと気を失いかけた平田屋が倒れつつ指差した天井を『エッ?』と見上げた参八。
その目には数多くの金魚の白い腹に混じり、長い糞が幾つもゆらめいているのがしっかり見えたのであった。
            江戸の町
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

なるほど、その問題が

確かに「糞」の問題がありますね(下からだから、さぞかししっかり見えることでしょう)。

下から眺めて面白い生物は何かありますでしょうか。
う~ん、クラゲとか。

ところで、冬場の趣向はどうするのでしょうか。
今の内から考えておいた方が良いかもしれません。

千鳥道行 #EBUSheBA | URL | 2013/07/31 23:12 * edit *

今夏エアコン未使用!


> 下から眺めて面白い生物は何かありますでしょうか。
もう何も思いつかず、メダカだったら「ナニ」も小さくて目立たないんじゃなどと。

あと、家の主みたいな青大将を泳がすことを考えたのですが。ちょっと怖すぎるし。


もうもう、この暑さに参っちゃってます。
でもアタシャ本気で「これくらい、寒いのよりマシ」と断言します!

けど、断言して何の意味があるのか。。。



おせん #- | URL | 2013/08/13 17:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。