おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

栄助の禍福 

栄助は幇間の中でも半人前で大して芸があるというわけではない。
ところがこの栄助は若いのに気が利いており遊客の機嫌をとるのが上手かった。
それで遊客連中は皆が「栄助 栄助」と可愛がり、祝儀を惜しまなかったので、一日の仕事を終えて
家路をたどる栄助の懐がずっしり重いのは珍しいことでは無かった。

さて、この夜も日本橋の茶屋に集まった旦那連中が栄助を呼びにやったのだが、使いの者が
帰ってきて言うには、今夜は他の座敷に出かけているという事で待っていた旦那連中は失望した。

  「どうもあいつが来ないと座敷が陰気だ。芸は無いけれど可笑しい奴だからねえ」

  「そうそう。口がうまいし、万事に調子がいいからネ」

旦那たちが口々に栄助を誉めるものだから、酌をしていた女中がその尻馬に乗って

  「ほんとに栄助さんは感心な人ですよ。旦那。近所じゃ親孝行で評判の人ですからねエ。
   あたしゃあの人の近所ですからよく知ってるんですヨ。エエ。
   お座敷の帰りにはいつもおっかさんに土産を買って帰るし、外遊びなんてとんでもない。
   それに家ではおっかさんの肩を叩いたり家の用事も骨身を惜しまず ......云々........... 」

誉めたてたので、旦那連中がシーンとなった。若い時から毎夜のように遊んできた自分たちは栄助とは
真逆の不孝者だった。そう思うとさっきまでの美酒もなんだか不味く思えてき、旦那連中は早々に引き
揚げたものである。
そして、栄助の親孝行ぶりが夜の街の隅々まで伝わりきった頃には、誰も栄助を呼ばなくなっていた。

こうして親孝行が仇となり、とんだ不景気に見舞われた栄助だったが、実は良いことも次に待ち構えていた。
根津権現近くの料理茶屋『松長』の主人が栄助の親孝行話を聞きつけ、これだ!と我が膝を叩いたのである。
松長の十八になる一人娘ちえの婿に、なのである.... 栄助の母親も引き取ろう、なのである .....

栄助の朋輩だった幇間達は、松長の婿となった栄助を『逆玉の栄助』と呼んで、いつまでも羨んだらしい。
            目がまわる

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。