おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

闇から棒 

.
永代橋の中ほどまで歩んだところで岩崎栄之進は立ち止まった。旅姿である。
橋は月に煌々と照らしだされているが、深夜のことでもあり他に人影は見えない。
栄之進にとって、長崎に行ってかれこれ二年ぶりの江戸であった。
目ざす八代屋の寮は橋を渡ってすぐの一の鳥居近くにある。

これを渡せば八代屋との悪縁がきれる。やっとだ。これで菊江どのと天下晴れて夫婦になれる。
栄之進は微笑みながら懐を探り、指先は金包みに触れた。これではない、もう一つのほうだ。
が、いくら探しても懐深くおさめた筈の小さな包みは無かったのである。
   落とすはずはない。橋を渡り始める直前まではあったのだ。
   大変なことになった。あれをなくしたとなると八代屋はただではおくまい ......
橋のたもとまで戻り、落ちてはいないかと探す栄之進の痩せこけた頬を秋の風がなぶってゆく。
そして間(マ)の悪いことに雲が月を隠してしまい、あたりは墨を流したような闇が広がっている。

   「岩崎様 こんな所でどうなさいました。お探し物ですか。寮で村上様がお待ちかねです。
    ァ ・・・ まさか割り符をなくされたのではないでしょうね」

地面に這いつくばるようにして包みを探していた栄之進の頭上から声が降ってきた。
見上げると、それはまだ長崎に居るはずの八代屋で、その片手には太い棒があった。

   「あれは抜け荷に使うもの。お上の手の者に落ちれば、八代屋は終わりです。
    そうなれば一蓮托生ですが、その前にあなた様には死んでいただくことにしましょう」

言い終わらぬうちに八代屋が振りおろした棒を栄之進は防ぎきれなかった。
八代屋はもとは武士だったという噂のある男で、棒の動きはその噂を裏付ける鋭さを持っていたのである。
散々に打ち叩かれた栄之進の意識の最後に、自分を待っているはずの菊江の白い顔が浮かび、そして崩れた。

ガバと身を起こした栄之進の顔をまた太い棒が直撃した。が、今度は難なくそれを避けることができた。
寝相の悪い女房殿じゃ。とっさに避けて掴んだ妻の脚をそっとおろして栄之進は苦笑した。
閨ですらつつましい妻の菊江だが、寝入ってしまうと人が変わったようになるのである。
栄之進の防御術は日々上達しているが、もちろん他にその攻防を知る人はいず、菊江自身も知らない。
                笹
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ             斬夢
thread: ショートショート | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。