おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

妖怪 たまご喰い 


名亀村から四里ほどの来梅村めざして幼い兄妹が歩いているその道の大部分が川に沿っている。
川は黒目川と言い、先で荒川に合流し江戸湾に流れこむのだと言う。

あんちゃん、団子も甘酒もおいしかったねえ。と語りかけてきた妹のさわの弾んだ声に、太吉も
ウン、うまかったなと答え、そしてほんとにうまかったなあと思った。
きょうは太吉の家で搗いた餅を正月用にと名亀村にある叔母の家に届け、今はその帰りなのである。
鏡餅は八才の太吉が背負い、小餅入りの風呂敷包みはさわと二人がかりで下げたのだが餅は重かった。
二才下のさわの力は案の定弱くて、餅を捨てたらどんなに楽だろうと太吉は何度も思ったものだ。
だが捨てたりせずにようやく名亀村に着いたふたりを叔母は甘いもので歓待してくれたのだった。

そして今は帰りで、来梅村のはずれの鎮守の森にある社が見え隠れする地点までたどり着いている。
もう少しで家だ。太吉はほっとした気持ちになった。
けれど日は空を紅く染め始めており、遠目からは青々と見えた鎮守の森も今は黒々とした塊にしか見えない。
ところが太吉は急に小便がしたくなって、さわにここで待っているように言って鎮守の森に入った。

早く家に帰らなくちゃな ... 小便が終わって道に戻りかけた太吉はギクと足を止めた。
何かが森の中で動いたような気がしたのである。 誰かいる .... 誰かいる .....
そいつは居た。
雑木にぐるりと囲まれた朽ちかけた祠(ほこら)前の草地にある小さな塊を、太吉は初め岩だと思った。
だがそれは岩などではなく人のようで、ズルズルと何かを啜るような音の後に何か白っぽいものを放り投げ
たのである。ひとつ、そしてまた啜る音の後にもうひとつ .... もうひとつ 「爺(ジジイ)だ!」
恐怖に襲われた太吉が後ずさりした足がグワシャと何かを踏みつぶし、ぬらりとしたものが足指に絡んだ。

来梅村では昔から子どもがむずかったり手伝いを怠けると「たまご喰いの爺が来るゾ」と脅す。
爺の好物は産みたての鶏の卵だが、それが無ければ「人の赤ん坊か小さな子」を喰って我慢するんだと。
耳もとに低声で、そうささやかれると子どもは泣きやみ、素直に言うことを聞くのだそうな。ところで
太吉の記憶は悲鳴をあげたところまでで、近くの畑にいた五作が飛んできて気絶した自分を背負い、さわの
手を引いて家まで送り届けてくれたことなど、知る由もない。
                     餅つき
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
thread: ショート・ストーリー | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

終わりません(ToT)

大掃除が現在進行中であります。終わりません。
トイレと風呂場はどうしてもしておきたいのですが、(T_T)。

長屋の皆さんの方は、どうですか。そして、おせんさんは?

そうだ!旧正月だ。旧正月進行と考えればいいのだ。まだ、大掃除の時期じゃないのだ。余裕綽々だ。
もう、お蕎麦食べちゃおう。

(あぁ、もう駄目だ。気力が。)

千鳥道行 #EBUSheBA | URL | 2013/12/31 22:19 * edit *

大掃除 やってません

旦那はやっぱりまじめなんですねえ。
ところで
長屋は狭くて『立って半畳寝て一畳』みたいなもんですから楽なんですよ。掃除。
それでも手抜きしたんですからアタシはいいかげん派みたいです。。。



鯉口のおせん #- | URL | 2014/01/05 16:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。