おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

老爺 享保元年十月 参道の女 その六 

それから数日して、作次はふと思いたつままに店を休み熊造の墓参りに出かけた。
寺は深川にあり、滋眼寺という。
この寺の天正和尚はなぜか熊造を非常に気に入ってい、子どもだった作次に字を教えたり
菓子を与えたりとずいぶん可愛がってくれたものだ。
きょうも久しぶりの墓参りなのに和尚は小言など言わず、喜んでくれた。
それどころか「もうクタクタなんで」と、つい愚痴っぽくなりがちな作次に顔をほころばせ
ながら「いいのがいる」と下働きの者まで紹介してくれたのである。

和尚の紹介で、たけ屋に通い始めた五平という名のその老爺は骨身を惜しまず働いて作次を助けた。
それに万事に出しゃばることがないから作次とは うまが合った。
問題は作次目あてに来る女客たちだが、母親連れや女中を従えて来る娘はまだましなほうで
仲の良い者どうしで連れだってくる女客がちと図々しい。
作次の顔や仕草に見入ったあげく、ひそひそ声で語り合う。嬌声をあげたりもする。
ほかにも昔スリだったという噂のある女や尼くずれの女など変なのもやってくる。
きのうの町娘などは作次を見るなり「新五郎さまだ」と連れの女の膝に泣き崩れた。
なんでもその町娘は正徳四年だったかに三宅島へ流された、あの絵島生島事件の生島新五郎を
かねてからひいきにしていたらしい。

どいつもこいつも、と店を閉めてから作次がくさりきったのは当然といえよう。

あしたはサツマイモを焼いたのを出しちゃどうでしょう。と言いおいて五平は帰っていった。
初めて聞いたが、サツマイモは美味そうだな、と作次は乗り気になっている。


昔々の作品ですが一字一句、句読点すら位置も変えずにアップしています。
今のアタシなら .... こうは書かないし展開も、とイジリたくなるのを抑えつつ。
thread: 江戸千話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret