おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

月命日 享保元年十月 参道の女 その九 

翌日、空は高く晴れ上がり暖かな日差しに満ちていた。
伝吉と共に店を出ようとしている作次に向かい、

「月命日の墓参りにうってつけで何よりですねえ」

と五平は笑った。作次と六十を超えている五平が並ぶと、まるで祖父と孫のように見えるらしい。
近ごろでは作次自身が五平を本当の祖父のように感じ始めているのだから、他人にそう見えて当然なのかもしれない。

伝吉と他愛ない話しをしながら歩いているうちに、作次は昨夜聞いた五平の怪しい行動を忘れよう、聞かなかった事に
したい、と思い始めている。
きょうの伝吉は五平の一件について一言も触れなかった。

伝吉と別れた堅川沿いの道から南にそれ、あぜ道を歩いてしばらくすると木々に取り囲まれるように建っている滋眼寺
が見え隠れし始める。
この寺の開基は文亀二年と非常に古く、田舎の古寺にしては堂々とした建物で手入れも行き届いている。
「よほどの金持ちが檀家についてるのだろうよ」などと人々の噂にのぼるのも当たり前なのかもしれない。
門をくぐると境内の木々には紅葉がまだ鮮やかに残っていた。

墓参りを終えると、作次は急ぎの用が無い限り和尚の部屋でひと時を過ごすことにしている。
それで今も和尚と茶を飲んでいるわけだが

「よう流行っているようじゃな。けっこう。けっこう」

和尚は笑いながら文机の上の漆塗りの小箱を取り、作次の前に置いた。


.
thread: 江戸千話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret