おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

裁ち包丁 


きょうは昼過ぎに珍しく顔を出した参八と茶飲み話に花を咲かせたのですけど、茶うけは参八が持って
きた竹村の『最中の月』になったのは当然の成りゆき。
ところでこれが あたしの大好物で、それが箱に十六個も入ってたもんだから笑いと食う手が止まらない。

最中の月は小豆餡のねっとり具合と程よい甘さが評判で、贈答品としてもよく使われているんですよネ。
この竹村というのは仲の町にあって、江戸では名の知られた菓子屋で巻煎餅もよく売れているんですけど
あたしゃ誰が何を言おうと最中の月が好み、これだったら幾らでも食べれますネ。ホント。

  「あ〜ぁ 姐さんたらモゥ そんなパクつかなくっても ....... 多めに買ってきたんですから。
   あっしは一ツ食うのが関の山越え安寿恋しやホウヤレホゥ。あとは姐さんのでげす。
   そうそう!こないだ品川の倉田屋に化け猫が出たともっぱらの噂でしてネ。
   夜中に客が目を覚ますと、隣に寝てた筈の女が火の消えた行灯(あんどん)の油をピチャピチャ ...

     ウギャ〜 出たァッッ、、、、、   」

  「ムグッ ウエッ よしとくれ! 大声に吃驚して最中が喉に詰まったじゃないか」  
   
そんな楽しいひと時もあっという間に過ぎて気がつけば夕方で、最中の月は残り三ツだけ .....
これからお座敷があるのでと、腰を上げた参八が「実は先日褌を縫ってもらった御礼でございます」と
新品の裁ち包丁を差し出したのには驚いたり嬉しかったり。
これが無かった間ずいぶん縫い物に不便したからねえ。
あの時、あたしを怒らせた参八を目がけて投げた裁ち包丁は井戸の中にドボンだったもの・・・
                          裁ち包丁  
                              六人めの男
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ                                      
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

12個?!

おせんさん、まさか12個も最中を食べちゃったんですか?!
う~ん。

ところでおせんさんは「粒餡派」なのでしょうか、「漉餡派」なのでしょうか(この文を読む限りでは「漉餡派」では)。
漉餡の方が少し高い和菓子に使われている事が多いような気がします。「餡子界における共和党」と秘かに私は呼んでいます(笑)。
因みに私は(別に共和党支持者ではないけれど)「漉餡派」です。

千鳥道行 #- | URL | 2012/11/26 18:25 * edit *

12個!

> おせんさん、まさか12個も最中を食べちゃったんですか?!

   ハイ! ..... で、胃もたれしちゃって後で後悔のクチです。いつも。

ところで「粒餡派」「漉餡派」どちら?と聞かれると悩みますが、僅差で「粒餡派」かも。
そのわけは餡の旨さと『豆の食感』の両方が楽しめるから。。。

おせん #- | URL | 2012/11/27 21:23 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。