おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

そっくり 



連獅子
 「おかみさん 富十郎が森田座に出てるのを御存知でしたか」

 「いや初耳だヨ。女方の中でも一、二を争う富十郎だもの
  知らなかったでは済まされない。見に行かなきゃ!」

 「あたしは見たんですが、それがおかみさんにそっくり!」

 「エッ! 器量良しの富十郎に似てるとは嬉しい ことを」

 「イエ、演目は石橋(しゃっきょう)でしてネ。
  富十郎は赤獅子、その赤い髪の毛が似てるでごんす」

 「 ・・・・・・」






にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ                                      
thread: 花の御江戸のこぼれ話 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。