おせんの江戸日誌

江戸と平成の世を行きつ戻りつの書き散らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

くすり 



きのう昼九つあたりから体調が悪くなっちゃいまして、これはもうてっきりすっぱり
平成で流行りの『のろ』でも貰っちゃったかと焦りました。ホントに。

ですから昨夜も今夜も晩酌は無し、というか飲む気にもならない ....
ま、結局『のろ』じゃなかったので今宵一夜ぐっすり眠れば元通りになれそうでございます。

竜竹先生に診てもらうことも一瞬考えましたが、赤山の御隠居がホロ酔いでおっしゃった言葉

 「あやつが診た者のうち半分は助かり、残り半分は(薬の量など誤り)盛り殺された ・・・」

という言葉が冗談とは思えず、平成の医者にお薬を出して頂いたのが良かったのでしょう。

                       酒
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ                                      
thread: ヒトリゴト | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

お大事に

 私の方は風邪です。今年の風邪はお腹にくるようですね。母も寝込んでいます。
 お腹を冷やさぬよう、懐炉か温石など抱いてお休みください。

千鳥道行 #EBUSheBA | URL | 2012/11/23 14:34 * edit *

同病?


旦那も風邪とは気の毒に。
お腹を冷やすとてきめんですからネ。
冷たいのを飲むのもいけませんし。
懐炉か温石などはあったかそうで欲しいものです。

おせん #- | URL | 2012/11/24 06:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。